Publications

2017-12-10 (日) 13:59:58 (365d)

2012年度

Journal Papers

  1. Sae Fujii, Akira Uchiyama, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, "Trajectory Estimation Algorithm for Mobile Nodes Using Encounter Information and Geographical Information", Pervasive and Mobile Computing, Vol.8, No.2, pp.249-270, April 2012. (DOI: 10.1016/j.pmcj.2011.11.002)
  2. Keishi Sakanushi, Takuji Hieda, Taichiro Shiraishi, Yasumasa Ode, Yosinori Takeuchi, Masaharu Imai, Teruo Higashino, and Hiroshi Tanaka, “An Electronic Triage System for Continuously Monitoring Casualties in the Disaster Scene”, Journal of Ambient Intelligence and Humanized Computing, Springer, May 2012, ISSN 1868-5137, May 2012. (DOI:10.1007/s12652-012-0130-2)
  3. 井ノ口 真樹,藤井 彩恵,山口 弘純,東野 輝夫, “レーザレンジスキャナとモバイル端末を活用した屋外地図推定”,情報処理学会論文誌 (IPSJ), Vol. 53, No. 7, pp. 1757-1767, 2012年7月.(DOI無し)
  4. 水本旭洋,孫 為華,安本慶一,伊藤 実, “多数傷病者事故時での救命率向上のための電子トリアージタグの利用を前提とした搬送計画システム”,情報処理学会論文誌,Vol.53,No.7,pp.1745–1756, 2012年7月. (DOI無し)
  5. 西垣正勝, 安倍史江,山本匠,藤川真樹,加藤康男, “電子トリアージタグへの情報入力に関する一検討:人体通信と音声入出力の利用”, 情報処理学会論文誌Vol.53,No.9,pp.2182-2193, Sep. 2012.(DOI無し)
  6. Noboru Kiyama, Akira Uchiyama, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Quantifying Relationship between Relative Position Error of Localization Algorithms and Object Identification”, Wireless Networks, Springer, October 2012. (DOI:10.1007/s11276-012-0516-2)
  7. 境裕樹, 廣森聡仁, 山口弘純, 東野輝夫,“オーバレイネットワーク上でアプリケーションサービスを実行するプラットフォームの設計と実装”, 情報処理学会論文誌, Vol. 53, No. 11, pp. 2612-2623, Nov. 2012. (DOI無し)
  8. Yuki Sakai, Akira Uchiyama, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Self-Estimation of Neighborhood Distribution for Mobile Wireless Nodes”, Journal of Information Processing, Vol. 54, No. 2, February 2013.
  9. Akira Uchiyama, Sae Fujii, Kumiko Maeda, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, “UPL: Opportunistic Localization in Urban Districts”, IEEE Transactions on Mobile Computing, May 2013.(in press)
  10. Omori K, Uzura M, Tanaka H, et al., “The analysis os efficacy for AutoPulse? system in flying helicopter”, Resuscitation. (in press)
  11. Takemoto M, Okamoto K, Tanaka H, et al., “Business impact analysis to prioritize nursing operations in the intensive care unit”, 順天堂医事雑誌.(採録決定)

Book Chapters

  1. 東野輝夫,内山彰,”ユビキタスセンサネットワークによる災害時支援”,電子情報通信学会誌,Vol.95, No.9, pp. 803-808, 2012年9月
  2. 板生清,伊藤寿浩,桑野博喜,岡哲人,片桐祥雅,Lopez Guillaume,梅田智広,保坂寛,羅志偉,源間信弘,児島全克,池田泰久,東野輝夫,山田純,中嶋宏,神谷昭勝,Mariateresa Gatti,山本隆一,本橋健,小林弘幸,板生研一,雄山真弓,坪井俊明,吉田隆嘉,加納史朗,石原亨,車谷浩一,大内一成,森正弥,“クラウド時代のヘルスケアモニタリングシステム構築と応用”,シーエムシー出版,2012年9月

Invited Talks

  1. Hirozumi Yamaguchi, Takamasa Higuchi and Teruo Higashino Collaborative Indoor Positioning of Mobile Nodes Proceedings of the 6th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2012), pp. 156-163, May 2012. (Invited paper)

Conferences and Workshops

  1. Takuya Saito, Hiroshi Shigeno,“Data Collection Method Adapting Density of Sensor and Node's Priority in Triage Network”, The Sixth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2012), pp. 24-31, May 2012. (DOI無し)
  2. Takumi Kanaya, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi, Teruo Higashino, "HumanS: A Human Mobility Sensing Simulator", Proceedings of 2012 5th International Conference on New Technologies, Mobility and Security (NTMS), pp.1-4, May 2012. (DOI: 10.1109/NTMS.2012.6208740)
  3. Akihito Hiromori, Akira Uchiyama, Hirozumi Yamaguchi, Teruo Higashino, "Deadline-aware Data Collection in CSMA/CA-based Multi-sink Wireless Sensor Networks", Proceedings of The Sixth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking, pp.1-7, May 2012.(DOI無し)
  4. Takamasa Higuchi, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Clearing a Crowd: Context-supported Neighbor Positioning for People-centric Navigation”, Proceedings of the 10th International Conference on Pervasive Computing (Pervasive2012), pp. 325-342, June 2012. (DOI:10.1007/978-3-642-31205-2_20)
  5. Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi, Teruo Higashino, "Simulating CSMA/CA Behavior for Performance Evaluation of Multi-hop Wireless Networks", Proceedings of 20th International Workshop on Quality of Service, June 2012. (DOI:10.1109/IWQoS.2012.6245968)
  6. Hiroshi Kure, Chifumi Nishioka and Ken-ichi Okada, “Cybersecurity Incident Management through Collaborative Security Log Analysis System”, The Sixth International Conference on Collaboration Technologies 2012 (CollabTech? 2012), pp.127-132, 27-29 Aug. 2012. (DOI無し)
  7. Fajardo, J, Yasumoto, K., Shibata, N., Sun, W., Ito, M., “DTN-Based Data Aggregation for Timely Information Collection in Disaster Areas”, Proceedings of IEEE WiMob2012, pp. 341-348, Oct. 2012. (DOI:10.1109/WiMOB.2012.6379095)
  8. Akihito Hiromori, Takaaki Umedu, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Protocol Testing and Performance Evaluation for MANETs with Non-uniform Node Density Distribution”, Proceedings of ICTSS 2012, LNCS 7641, pp.231-246, October 2012.(DOI:10.1007/978-3-642-34691-0_17)
  9. Akira Uchiyama, Takanori Hirao, Hirozumi Yamaguchi, and Teruo Higashino, “Image Sensor Communication for Patient ID Recognition Using Mobile Devices”, Proceedings of International Workshop on Sensing Applications on Mobile Phones (PhoneSense? 2012), November 2012. (DOI:10.1145/2389148.2389154)
  10. Ayaka Kashiyama, Akira Uchiyama, and Teruo Higashino, “Depth Limited Treatment Planning and Scheduling for Electronic Triage System in MCI”, Proceedings of International Conference on Wireless Mobile Communication and Healthcare (MobiHealth? 2012), November 2012. (DOI無し)
  11. Masaki Inokuchi, Takamasa Higuchi, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Autonomous Recognition of Emergency Site by Wearable Sensors”, Proceedings of the 10th IEEE International Conference on Cyber, Physical and Social Computing, pp. 400-409, November 2012. (DOI:10.1109/GreenCom?.2012.65)
  12. Shunsuke Mori, Yu-Chih Wang, Takaaki Umedu, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Design and Architecture of Cloud-based Mobile Phone Sensing Middleware”, Proceedings of the 2nd IEEE Symposium on Network Cloud Computing and Applications, pp. 102-109, December 2012. (DOI:10.1109/NCCA.2012.12)
  13. Y. Inoue, H. Suginaka, N. Hayashi, Y. Sumi, S. Matsuda, K. Okamoto and H. Tanaka, “Application to the Triage in ER with a Simple Mobile Instrument to Measure Blood Lactate Concentration”, 2012 Annual Meeting of the American Association for the Surgery of Trauma and Clinical Congress of Acute Care Surgery (CME), Poseter 53, Kauai, HI, USA, September 2012.
  14. Shunsuke Mori, Takaaki Umedu, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Data-Centric Programming Environment for Cooperative Applications in WSN”, Proceedings of the IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management, Ghent, Belgium, May 2013.
  15. 高橋祐樹, 安藤禎晃, 岡田謙一, “動的な傷病者情報を用いた災害医療訓練システムの提案”, 第84回GN研究会, Vol.2012-GN-84, No.3, pp.1-8, 2012年5月.
  16. 小山 由,水本旭洋,今津眞也,安本慶一, “大規模災害時の安否確認システムと広域無線網利用可能エリアへのDTNに基づい たメッセージ中継法”,情報処理学会研究報告,Vol.2012-MBL- 62,No.29,pp.1-7, 2012年5月.
  17. 鈴木良典, 遊佐直樹, 今原淳吾, 峰野博史, “RPLを改良した省電力ルーティングプロトコルの実装と評価,” 情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO 2012)シンポジウム論文集, pp. 1265-1272, 2012年7月.
  18. 斎藤卓也, 岡本卓也, 重野寛, “トリアージネットワークにおける参加・離脱特性を考慮した省電力データ収集手法の提案”, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, pp. 1479-1486, 2012年7月.
  19. Fajardo, J., Yasumoto, K., Shibata, N., Sun, W., Ito, M., “Aggregation-Based Information Collection in Disaster Areas”, DICOMO2012シンポジウム論文集,pp. 1674-1685, 2012年7月.
  20. 樫山文香, 内山彰, 東野輝夫, “電子トリアージシステムにおける深さ制限探索を用いた多数傷病者治療計画法の提案”,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集, pp.1145-1154, 2012年7月.
  21. 和田悠佑, 山口弘純, 東野輝夫,”レーザレンジスキャナによる歩行者軌跡と実人物のマッチング手法の提案”,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2012) シンポジウム論文集, pp. 1877-1888, 2012年7月.
  22. 井ノ口真樹, 樋口雄大, 山口弘純, 東野輝夫,”災害現場における屋内外のシームレスな緊急地図生成”,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2012) シンポジウム論文集, pp. 2231-2243, 2012年7月.
  23. 森駿介, Yu-Chih Wang, 梅津高朗, 山口弘純, 東野輝夫, “協調型空間センシングのためのデータ収集ミドルウェアの実装”,情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集, pp. 2244 - 2256, 2012年7月.
  24. 金谷拓実, 廣森聡仁, 山口弘純, 東野輝夫,”現実的な都市環境モデリングに基づく行動センシングシステムシミュレータHumanSの設計開発”,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集,pp. 929-940,2012年07月
  25. 大道修, 廣森聡仁, 梅津高朗, 山口弘純, 東野輝夫,”網羅的な交通密度データとプローブカーデータとの適合性判定によるOD交通量推定法”,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集,pp. 1060-1068,2012年07月
  26. 金田 茂, 前野 誉, 高井 峰生, 山口 弘純, 東野 輝夫, “大規模無線ネットワークシミュレーションのためのアブストラクト干渉モデルの一考察”, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム論文集,pp. 605-611,2012年07月
  27. 水本旭洋,小山 由,隅田真由,河田真宏,孫 為華,柴田直樹,安本慶一, “多数傷病者事故における医療従事者のための傷病者の位置・生体情報可視化システム”,情報処理学会第63回MBL研究会, 2012年8月.
  28. 樋口雄大, 山口弘純, 東野輝夫, “モバイルユーザ群のグループ行動コンテキストを活用したローカル群衆マッピング”, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-MBL-63, No.5, pp.1-8, 2012年8月.
  29. 金谷 拓実,廣森 聡仁,山口 弘純,東野 輝夫,”様々なセンサを利用する位置行動検出システムの設計支援環境”,平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 論文集,E-07,2012年09月
  30. 和田悠佑,山口弘純,東野輝夫,”レーザレンジスキャナと携帯端末による位置ナビゲーション手法”, 平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 論文集,E-09,2012年09月.
  31. 安達佳明,梅津高朗,山口弘純,東野輝夫,”携帯電話通信量の削減を目指した車車間通信による道路交通情報共有の評価”, 平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 論文集,E-20,2012年09月.
  32. 樫山文香,内山彰,東野輝夫,”災害時救命率最大化のための深さ制限探索を用いた治療計画法の提案”, 平成24年度 情報処理学会関西支部 支部大会 論文集,E-23,2012年09月.
  33. 森 駿介, Yu-Chih Wang, 梅津 高朗, 山口 弘純, 東野 輝夫, “スマートフォンを用いた協調モニタリングのためのミドルウェア”, 情報処理学会 平成24年度関西支部大会, E-22, 2012年9月.
  34. 赤井優真, 廣森聡仁, 梅津高朗, 山口弘純, 東野輝夫, “プローブカーデータからの交差点状況推定手法の提案”, 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-ITS-51, No. 4, pp. 1-8, 2012年11月.
  35. 大道修, 廣森聡仁, 梅津高朗, 山口弘純, 東野輝夫, “プローブカーデータによるリンク交通量推定手法の有効性評価”, Vol. 2012-ITS-51, No. 20, pp. 1-8, 2012年11月.
  36. 和田悠佑,山口弘純,東野輝夫, “レーザレンジスキャナ計測を利用した歩行者の識別手法の実験と評価”, 情報処理学会研究報告, Vol. 2012-MBL-64, No.14, pp. 1-8, 2012年11月.
  37. 上嶋祐紀, 内山彰, 山口弘純, 東野輝夫, “GPS信号履歴を用いた建物出口特定法の提案”, 情報処理学会研究報告, Vol.2012-MBL-64, No. 15, pp. 1-8, 2012年11月.
  38. 前川勇樹, 境裕樹, 内山彰, 山口弘純, 東野輝夫, “スマートフォンを用いた駅ホームにおける混雑推定の一検討”, 電子情報通信学会 信学技報, Vol. 112, No. 404, MoMuC2012-41, pp. 7-12, 2013年1月.
  39. 岩橋宏樹, 樋口雄大, 山口弘純, 東野輝夫, “スマートフォンカメラビューと歩行軌跡のマッチングによる周辺人物の認識”, 情報処理学会第75回全国大会論文集, 2013年3月.
  40. 金谷拓実,廣森聡仁,山口弘純,東野輝夫, “都市環境における人流推定を目的としたセンサ配置最適化手法の提案”, 電子情報通信学会技術研究報告, 2013年3月.
  41. 中村笙子,廣森聡仁,山口弘純,東野輝夫, “スマートホームにおける電力コストと生活満足度を考慮した行動スケジューリング手法の提案”, 情報処理学会研究報告, 2013年3月.
  42. 和田悠佑,山口弘純,東野輝夫, “レーザレンジスキャナとWi-Fi Fingerprintを併用した歩行者の位置推定手法の提案”, 情報処理学会研究報告, 2013年3月.

Awards

  1. 斎藤卓也, ヤングリサーチャー賞, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2012)シンポジウム, “トリアージネットワークにおける 参加・離脱特性を考慮した省電力データ収集手法”, 2012年7月
  2. Jovilyn Fajardo, 情報処理学会DICOMO2012シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞, “Aggregation-Based Information Collection in Disaster Areas”, 2012年7月
  3. 和田 悠佑,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2012) シンポジウム ヤングリサーチャー賞,”レーザレンジスキャナによる歩行者軌跡と実人物のマッチング手法の提案”,2012年7月
  4. 金谷 拓実,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2012) シンポジウム 最優秀プレゼンテーション賞,” 現実的な都市環境モデリングに基づく行動センシングシステムシミュレータHumanSの設計開発”,2012年7月
  5. 金谷 拓実,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2012) シンポジウム 優秀論文賞,” 現実的な都市環境モデリングに基づく行動センシングシステムシミュレータHumanSの設計開発”,2012年7月
  6. 鈴木良典, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2012) シンポジウム ヤングリサーチャ賞, “RPLを改良した省電力ルーティングプロトコルの実装と評価”, 2012年7月
  7. 金田 茂, 前野 誉, 高井 峰生, 山口 弘純, 東野 輝夫 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2012) 優秀論文賞, “大規模無線ネットワークシミュレーションのためのアブストラクト干渉モデルの一考察”, 2012年7月
  8. 和田 悠佑, 情報処理学会 モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会 第64回研究発表会 優秀発表賞, “レーザレンジスキャナ計測を利用した歩行者の識別手法の実験と評価”, 2012年11月
  9. 上嶋祐紀, 情報処理学会 モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会 第64回研究発表会 奨励発表賞, “GPS信号履歴を用いた建物出口特定法の提案”, 2012年11月

2011年度

Journal Papers

  1. 山田純弥, 澤村啓太, 竹中友哉, 峰野博史, 水野忠則, “電子トリアージシステムにおけるモバイルノード利用型RSSI位置推定方式”, 情報処理学会論文誌, Vo.52, No.5, pp.1871-1881, 2011年5月 (DOI無し)
  2. 野上 大樹, 内山 彰, 中田 康城, 東野 輝夫, “多人数参加型シミュレータによる電子トリアージシステムの有効性検討”, 日本集団災害医学会誌, Vol.16, No.1, pp.8-18, 2011年6月(DOI無し)
  3. Ahmed, A., Yasumoto, K., Yamauchi, Y. and Ito, M., “Probabilistic Coverage Methods in People-Centric Sensing, Journal of Information Processing”, Vol. 52, No. 10, pp. 2902-2919, Oct. 2011 (DOI:10.2197/ipsjjip.19.473)
  4. 上野 瑛次郎, 廣森 聡仁, 山口 弘純, 東野 輝夫, “任意のノード密度分布を実現可能なWaypointモビリティモデルの提案”, 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.1, pp.232-242, 2012年1月(DOI無し)
  5. 小嶋洋明, 高橋祐樹, 岡田謙一, “START 法を用いたトリアージ作業支援のための情報提示システムの提案”, 情報処理学会論文誌, Vol. 53, No. 1, pp.450-459, 2012年1月 (DOI無し)
  6. 亀井 銀河, 吉川 誠, 岡田 謙一, "仮想鏡を利用した遠隔MR作業支援", 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.1, pp.22-29, 2012年1月 (DOI無し)
  7. 田村 寛樹, 小林 ひかる, 戸口 裕人, 重野 寛, "トリアージネットワークにおけるロバストな経路探索手法," 情報処理学会論文誌, Vol.53, No.1, pp.298-307, 2012年1月 (DOI無し)
  8. 結城 修,山田 圀裕,水野 忠則,峰野 博史,西垣 正勝,"ポケット・エージェント・デバイスを用いた電波ブラインド領域での情報通信",情報処理学会論文誌コンシューマ・デバイス&システム,Vol.2,No.1,pp.1-9, 2012年3月(DOI無し)

Book Chapters

  1. 井上貴昭,”血管透過性亢進の制御;slit とrobo4 receptor”, 救急医学 侵襲と生体反応, 35, pp. 800-802, 2011
  2. 角由佳,”ミトコンドリアとバクテリア;細胞共生説からみる”, 救急医学 侵襲と生体反応, 35, pp. 788-790, 2011
  3. 林伸洋, 岡本健, “ER・ICUで知っておきたい外科手技と処置 Q37.大動脈遮断バルーン”, 救急・集中治療, 23, pp. 610-613, 2011
  4. 森川美樹, ”女性救急医がより活躍できるERを目指して”, ERマガジン, 株式会社シービーアール, 8(2), pp. 295-298, 2011

Invited Talks

  1. Teruo Higashino, Akira Uchiyama and Keiichi Yasumoto, “eTriage: A Wireless Communication Service Platform for Advanced Rescue Operations, Proceedings of ACM Workshop on Internet of Things and Service Platforms (IoTSP 2011), Tokyo, December 2011 (Invited Paper)

Conferences and Workshops

  1. Keishi Sakanushi, Takuji Hieda, Yoshinori Takeuchi, and Masaharu Imai, "Electronic Triage Tag for Monitoring Casualties in the Disaster Scene," Proceedings of the 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, pp. 570-573, Korea, Jun. 2011 (DOI無し)
  2. Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “A Comprehensive Test Strategy for Network Protocols in Diverse Environment”, Proceedings of the 2011 IEEE 19th Annual International Symposium on Modelling, Analysis, and Simulation of Computer and Telecommunication Systems (IEEE MASCOTS2011), pp.188-196, Singapore, Jul. 2011 (DOI:10.1109/MASCOTS.2011.69)
  3. Eijiro Ueno, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, "A Simple Mobility Model Realizing Designated Node Distributions and Natural Node Movement", Proceedings of the 2011 IEEE Eighth International Conference on Mobile Ad-Hoc and Sensor Systems (IEEE MASS2011), pp.302-311, Valencia, Spain, Oct. 2011 (DOI:10.1109/MASS.2011.37)
  4. Asaad Ahmed, Keiichi Yasumoto, Yukiko Yamauchi and Minoru Ito, “Distance and Time Based Node Selection for Probabilistic Coverage in People-Centric Sensing”, Proceedings of the IEEE SECON 2011, pp. 134-142, Salt Lake City, Jun. 2011 (DOI:10.1109/SAHCN.2011.5984884)
  5. Keishi Sakanushi, Takuji Hieda, Taichiro Shiraishi, Yasumasa Ode, Yoshinori Takeuchi, Masaharu Imai, Teruo Higashino, and Hiroshi Tanaka, "Electronic Triage System: Casualties Monitoring System in the Disaster Scene," Proceedings of 2011 International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2011), pp. 317-322, Barcelona, Oct. 2011 (DOI:10.1109/3PGCIC.2011.58)
  6. Takuya Saito, Hiroki Tamura, Yuto Toguchi and Hiroshi Shigeno, "Examination of Data Transmission Adapting to Density of Sensor in Triage Network," Sixth International Conference on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA 2011), pp.105-111, 26-28 Oct. 2011 (DOI:10.1109/BWCCA.2011.20)
  7. Masaharu Imai, Teruo Higashino, and Hiroshi Tanaka, "Electronic Triage System: Casualties Monitoring System in the Disaster Scene," Proceedings of 2011 International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC 2011), pp. 317-322, Barcelona, Oct. 2011 (DOI:10.1109/3PGCIC.2011.58)
  8. Yuki TAKAHASHI, Hiroaki KOJIMA and Ken-ichi OKADA, “Injured Person Information Management during Second Triage”, Proceedings of the 24th annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST ’11), pp.97-105, Oct. 2011 (DOI:10.1145/2047196.2047208)
  9. Anuj Bajracharya, Akira Uchiyama, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, “Implementation of a Data Collection Mechanism in Electronic Triage System using Wireless Sensor Devices”, Proceedings of the 6th IEEE International Workshop on Practical Issues in Building Sensor Network Applications (SenseApp2011), pp. 986-989, Oct. 2011 (DOI:10.1109/LCN.2011.6115582)
  10. Toguchi Yuto and Hiroshi Shigeno, “CDS-Based Routing Scheme Considering Node Properties in Triage Network”, Proceedings of the 8th International Workshop on Heterogeneous Wireless Networks (HWISE2012), March 2012. (DOI: 10.1109/WAINA.2012.164)
  11. 井上貴昭,福本祐一,森川美樹,李哲成,林伸洋,竹本正明,大出靖将,角由香,松田繁,岡本健,田中裕,”外傷患者における新たなBiomarkerを用いた重症度評価”,第25回日本外傷学会,大阪,2011年5月
  12. 大出靖将,高林見和,山田至康,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”当院での小児熱傷における児童虐待例の分析”,第37回日本熱傷学会総会・学術集会.東京,2011年6月
  13. 竹本正明,李哲成,林伸洋,大出靖将,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,山田至康,田中裕,”培養検査にてPasteurella multocida が検出された19 症例の検討”,第14回日本臨床救急学会,札幌,2011年6月
  14. 田中裕,岡本健,松田繁,井上貴昭,大出靖将,李哲成,竹本正明,角由香,”救急医療における診療科間・多職種との連携-チーム医療推進委員会を立ち上げて”,第14回日本臨床救急学会,札幌,2011年6月
  15. 井上貴昭,中沢武司,麻生恭代,長富美恵子,城之内美子,成田久美,佐々木信一,石和久,李哲成,角由香,田中裕,”多職種ICT スタッフによる定期院内ラウンドがもたらす効果”,第14回日本臨床救急学会,札幌,2011年6月
  16. 平野洋平,森川美樹,李哲成,林伸洋,大出靖将,竹本正明,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”偶発性低体温に合併した非閉塞性腸管虚血(NOMI)の一例”,第14回日本臨床救急学会,札幌,2011年6月
  17. 福本祐一,田中裕,岡本健,松田繁,井上貴昭,大出靖将,角由香,林伸洋,竹本正明,李哲成,森川美樹,”超高齢化社会が救命救急センターに及ぼす諸問題について”,第14回日本臨床救急学会,札幌,2011年6月
  18. 高林見和,山田至康,村田健介,井本成昭,大出靖将,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”当院救急外来における小児虐待の検討”,第14回日本臨床救急学会,札幌,2011年6月
  19. 斎藤 卓也,田村 寛樹,戸口 裕人,重野 寛,"トリアージネットワークにおけるセンサ密度と搬送優先度に応じたデータ送信手法の検討",第58回MBL研究会, Vol.2011-MBL-58 No.19, pp.1-8, 2011年6月
  20. 杉中宏司,林伸洋,角由香,井上貴昭,岡本健,田中裕,”腹部刺創に対するdamage control surgery後に下腿コンパートメント症候群を呈した1例”,第25回千葉県重症感染症研究会,千葉,2011年7月
  21. 田村 寛樹, 戸口 裕人, 斎藤 卓也, 重野 寛,"トリアージネットワークにおける双方向探索を利用したロバストな経路構築手法の提案",情報処理学会 マルチメディア, 分散, 協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp.1146--1155, 2011年7月
  22. 木山 昇, 内山 彰, 山口 弘純, 東野 輝夫, “位置推定されたノード群に対するユーザ視点を考慮した相対位置誤差の提案”, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp. 456-465, 京都, 2011年7月
  23. 森 駿介, 梅津 高朗, 山口 弘純, 東野 輝夫, “無線センサノード群における協調データ処理プロセスの開発支援”, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp. 466-482, 京都, 2011年7月
  24. 井ノ口 真樹, 藤井 彩恵, 山口 弘純, 東野 輝夫, “レーザレンジスキャナとモバイル端末を活用した屋外地図推定”, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp. 576-586, 京都, 2011年7月
  25. 境 裕樹, 廣森 聡仁, 山口 弘純, 東野 輝夫, “オーバレイネットワーク上でアプリケーションサービスを実行するプラットフォームの設計と実装”,情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp.757-770, 京都, 2011年7月
  26. 稲垣 彰祐, 森 駿介, 梅津 高朗, 山口 弘純, 東野 輝夫, “センサノードのバッファ残量予測を用いたロスの少ないデータ収集プロトコルの提案”, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp. 865-870, 京都, 2011年7月
  27. 和田 悠佑, 中村 嘉隆, 東野 輝夫, “障害物の存在する空間におけるレンジスキャナを用いた人流モデル化手法の提案”, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp. 1183-1192, 京都, 2011年7月
  28. 廣森 聡仁, 山口 弘純, 東野 輝夫, “モバイルワイヤレスネットワークに影響を与えるノード移動制約特定手法の提案”, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム, pp. 1367-1375, 京都, 2011年7月
  29. Jovilyn Therese B. Fajardo, Keiichi Yasumoto, Naoki Shibata, Weihua Sun, and Minoru Ito, “Timely In-Network Data Aggregation in Disaster Areas”, IPSJ SIG technical reports, Vol. 2011-MBL-59 No.3, pp. 1-8, 大船,2011年9月
  30. 樫山 文香, 野上 大樹, 内山 彰, 中田 康城, 東野 輝夫, “災害医療シミュレータによる電子トリアージシステムの有効性評価”, 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会, F-20, 大阪, 2011年9月
  31. 森 駿介, 梅津 高朗, 山口 弘純, 東野 輝夫, “モバイル端末による協調センシングアプリケーション設計のためのフレームワーク”, 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会, F-102, 大阪, 2011年9月
  32. 福本祐一,井上貴昭,角由香,松田繁,岡本健,田中裕,”ER患者トリアージに対する新たな展望”,第11回東葛救急カンファレンス,千葉,2011年9月
  33. 小山 由,水本旭洋,今津眞也,安本慶一,”災害データベース・Twitter と連携するDTNベース災害安否確認システムの提案”,第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp. 89-93,十和田市,2011年10月7日
  34. 水本旭洋,今津眞也,小山 由,隅田真由,玉井森彦,安本慶一,”多数傷病者事故における医療支援のための傷病者の位置・生体情報可視化システム”,第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp. 115-119,十和田市,2011年10月7日
  35. 瓦谷佳祐,松尾真也,脇坂洋祐,孫 為華,柴田直樹,安本慶一, “実写写真を利用した簡易3Dバーチャル空間作成手法と災害医療支援への応用”,第19回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011),pp.124-127,十和田市,2011年10月7日
  36. 高橋祐樹, 小嶋洋明, 岡田謙一, ”トリアージのための携帯情報端末用インターフェースの提案”, マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, pp.160–165, 2011 年10月
  37. 角由香,森川美樹,中村有紀,李哲成,林伸洋,竹本正明,大出靖将,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”特別企画「救急医の魅力的な職場つくりのために」”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  38. 大出靖将,福本祐一,李哲成,林伸洋,竹本正明,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”救急外来での電子トリアージシステムの試験的運用の効果と今後の展望について”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  39. 杉中宏司,岡本健,福本祐一,森川美樹,李哲成,林伸洋,竹本正明,角由香,井上貴昭,松田繁,田中裕,”シンポジウム「東日本大震災時の断水経験に基づく病院使用水に関するビジネスインパクト分析」”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  40. 竹本正明,福本祐一,森川美樹,李哲成,林伸洋,大出靖将,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”委員会企画「難治性下痢を伴う重症熱中症患者の検討」”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  41. 溝渕大騎,竹本正明,平野洋平,中村有紀,李哲成,林伸洋,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”顔面帯状疱疹からウイルス性髄膜炎,ウイルス性肺炎に至った1症例”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  42. 田中裕,井上貴昭,角由香,大出靖将,竹本正明,李哲成,林伸洋,松田繁,岡本健,安本幸正,木所昭夫,”主要演題「チーム医療アプローチ精度の検証」”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  43. 角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,Junger W., “Damage associated molecular patterns(DAMPs)としてのATP”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  44. 李哲成,福本祐一,石川浩平,平野洋平,森川美樹,林伸洋,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”急性期に限定したクリニカルパス-上部消化管出血に対するクリニカルパスの導入”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  45. 森川美樹,田中裕,岡本健,松田繁,井上貴昭,角由香,大出靖将,竹本正明,林伸洋,李哲成,福本祐一,”敗血症患者の好中球変形能と重症度,急性期DICスコアとの関連”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  46. 小原圭一朗,井上貴昭,森川美樹,李哲成,林伸洋,大出靖将,竹本正明,角由香,松田繁,岡本健,田中裕,”救急外来におけるめまいと脳梗塞の簡便な方法を確立する”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  47. 岡本健,田中裕,小原圭一朗,福本祐一,中村有紀,竹本正明,森川美樹,角由香,井上貴昭,松田繁,”東京ディズニーランドにおける東日本大震災時対応の検証”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  48. 福本祐一,岡本健,李哲成,竹本正明,林伸洋,角由香,石川浩平,杉中宏司,井上貴昭,松田繁,田中裕,”津波災害における救急器医療支援活動の問題点”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  49. 平野洋平,田中裕,岡本健,松田繁,井上貴昭,角由香,大出靖将,竹本正明,林伸洋,李哲成,森川美樹,”当院におけるアルコール性ケトアシドーシス9症例の検討”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  50. 田尻下敏弘,森川美樹,小原圭一朗,中村有紀,林伸洋,竹本正明,角由香,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”急性辺縁系脳炎3例の検討”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  51. 中村有紀,角由香,林伸洋,森川美樹,李哲成,竹本正明,大出靖将,井上貴昭,松田繁,岡本健,田中裕,”経皮的ドレナージ術により治療したB群溶連菌多発膿瘍の1例”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  52. 星野哲也,松田繁,福本祐一,角由香,井上貴昭,岡本健,田中裕,山瀬美紀,円城寺由久,中里祐二,”失神を主訴に当院救急外来を受診し,心室細動の存在が確認できた5症例”,第39回日本救急医学会総会,東京,2011年10月
  53. 勝田 悦子, 内山 彰, 山口 弘純, 東野輝夫, “GPS受信状態を用いた屋内外判定法”, 情報処理学会研究報告, Vol.2011-MBL-60 No.18, pp. 1-8, 鹿児島, 2011年11月
  54. 石原 進,山口 弘純,重野 寛,Mobicom2011参加報告,情報処理学会研究報告, Vol.2011-MBL-60 No.18,鹿児島, 2011年11月
  55. 山口 弘純,”フロア情報を活用した屋内位置推定の検討”, 電子情報通信学会研究技報,MoMuC2011-24,pp.43-48,熊本,2011年11月
  56. 鈴木良典, 松野智明, 串岡聡, 今原淳吾, 鈴木基嗣, 峰野博史, “RPLを改良した無線センサネットワーク向け同期型省電力ルーティングプロトコルの実証実験”,情報学ワークショップ2011(WiNF2011)論文集), pp.161-164, Nov.2011
  57. 星野哲也,松田繁,福本祐一,角由香,井上貴昭,岡本健,田中裕,山瀬美紀,円城寺由久,中里祐二,”特発性心室細動およびBrugada症候群の5例”,第7回千葉救急集中治療「ここが知りたいフォーラム」,千葉,2011年11月
  58. 井上貴昭,角由香,岡本健,田中裕,”多職種ICTラウンドがもたらす効果について”,第32回千葉県感染症治療研究会,千葉,2011年12月
  59. 亀井銀河, 吉川誠, 多々良樹, 岡田謙一, "MR 環境におけるモバイル香り提示装置を用いた空間の香りデザイン", 日本バーチャルリアリティ学会研究報告, Vol.16, No.CS-4, 2011 年12 月
  60. 安藤禎晃, 小嶋洋明, 高橋祐樹, 岡田謙一, “電子トリアージ訓練用の傷病者情報のAR 表示手法”, 第82 回GN研究会,Vol.2012-GN-82,No.12,pp.1-7, 2012 年1 月.
  61. 永井智大,鶴岡行雄,山口弘純,多田好克,”雪崩ビーコンに基づく被災者捜索システム”, 電子情報通信学会研究技報 MoMuC2011-44,pp.43-48,三重,2012年1月
  62. 平生 隆智,内山 彰,山口 弘純,東野 輝夫,傷病者ID認識のための携帯端末向けイメージセンサ通信方式の開発,情報処理学会研究報告(情処技報), pp. 1-8, 2012年2月 (DPS研究会)
  63. 鈴木良典,松野智明,串岡聡,今原淳吾,鈴木基嗣,峰野博史, "RPLを改良した同期型省電力ルーティングプロトコルの実装と評価”, IPSJ第74回全国大会, 5Z-4, 2012年3月
  64. 勝田 悦子,内山 彰,山口 弘純,東野 輝夫,”都市部におけるGPS衛星の見通し判定を用いたナビゲーション精度向上法の提案”,情報処理学会研究報告(情処技報), pp. 1-8, 2012年3月 (MBL研究会)
  65. 樋口 雄大,山口 弘純,東野 輝夫,”グループ行動コンテキストを活用した近隣スマートフォンユーザ群の位置関係認識”,情報処理学会研究報告(情処技報), pp. 1-8, 2012年3月 (MBL研究会)
  66. 呉洋, 小崎真寛, 岡田謙一, “情報セキュリティ対策のためのセキュリティログ協調解析支援システム”, 第83回GN研究会, Vol.2012-GN-83, No.15, pp.1-8, 2012年3月.
  67. T. Mizumoto, S. Imazu, W. Sun, N. Shibata, K. Yasumoto, “Emergency Medical Support System for Visualizing Locations and Vital Signs of Patients in Mass Casualty Incident”, Proceedings of 2nd International. Workshop on Pervasive Networks for Emergency Management (PerNEM2012), pp. 746-751, Mar. 2012. (DOI: 10.1109/PerComW.2012.6197611)

Awards

  1. 廣森 聡仁, 山口 弘純, 東野 輝夫, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム最優秀論文賞,モバイルワイヤレスネットワークに影響を与えるノード移動制約特定手法の提案, 2011年7月
  2. 境 裕樹, 廣森 聡仁, 山口 弘純, 東野 輝夫, 報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム優秀論文賞,オーバレイネットワーク上でアプリケーションサービスを実行するプラットフォームの設計と実装, 2011年7月
  3. 内山 彰, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞, 位置推定されたノード群に対するユーザ視点を考慮した相対位置誤差の提案, 2011年7月
  4. 井ノ口 真樹,情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2011)シンポジウム ヤングリサーチャー賞,レーザレンジスキャナとモバイル端末を活用した屋外地図推定,2011年7月
  5. 東野 輝夫,平成23年大阪大学功績賞(研究部門)受賞,2011年8月
  6. 樫山 文香, 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会 学生奨励賞, 災害医療シミュレータによる電子トリアージシステムの有効性評価, 2011年9月
  7. 森 駿介, 平成23年度情報処理学会関西支部支部大会 学生奨励賞, モバイル端末による協調センシングアプリケーション設計のためのフレームワーク, 2011年9月
  8. 高橋 祐樹, 小嶋洋明, 岡田謙一, 第19 回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011)優秀論文賞,トリアージのための携帯情報端末用インターフェースの提案,2011 年10 月
  9. 瓦谷 佳祐,松尾 真也,脇坂 洋祐, 孫 為華,柴田直樹,安本慶一,第19 回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011)最優秀デモンストレーション賞,実写写真を利用した簡易3Dバーチャル空間作成手法と災害医療支援への応用,2011年10月
  10. 小山 由,水本 旭洋,今津 眞也,安本 慶一,第19 回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2011)白鳥賞,災害データベース・Twitter と連携するDTNベース災害安否確認システムの提案,2011年10月
  11. 勝田 悦子, 情報処理学会第60回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会優秀発表賞, GPS信号強度の学習データを用いた屋内外判定法,2011年11月
  12. 斎藤 卓也,情報処理学会第60回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会奨励発表賞,トリアージネットワークにおけるセンサ密度と搬送優先度に応じたデータ送信手法の検討,2011年11月
  13. 高橋祐樹, 情報処理学会平成23 年度山下記念研究賞, 2 次トリアージを用いた傷病者情報管理システムの提案,2012 年3月
  14. 樋口 雄大,山口 弘純, 東野 輝夫,情報処理学会第61回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会 優秀論文賞,2012年3月
  15. 南本 真一,藤井 彩恵,山口 弘純,東野 輝夫,第27回電気通信普及財団賞システムテレコム技術賞,Map Estimation Using GPS-equipped Mobile Wireless Nodes (Elsevier, Pervasive and Mobile Computing), 2012年3月
  16. 樋口 雄大,情報処理学会平成24年度山下記念研究賞,2012年3月

2010年度

Journal Papers

  1. Inoue Y., Ikegawa H., Ukai I., Yoshiya K., Sumi Y., Ogura H., Kuwagata Y., Tanaka H., Shimazu T. and Sugimoto H., Spontaneous occlusion of splenic and renal pseudoaneurysm after blunt abdominal trauma: A case report and literature review, Journal of Emergency Medicine, Vol. 38, No. 3, pp. 17-23, April 2010. (DOI:10.1016/j.jemermed.2007.07.023)
  2. 岡本 健, 大出 靖将, 李 哲成, 井上 貴昭, 松田 繁, 山田 至康, 田中 裕, 野田 五十樹, 災害医療情報を統合した地理情報システムの有用性, 日本集団災害医学会誌, Vol. 15, No. 1, pp. 34-41, 2010年6月.
  3. 木山 昇, 楠田 純子, 藤井 彩恵, 内山 彰, 廣森 聡仁, 梅津 高朗, 中村 嘉隆, 大出 靖将, 田中 裕, 山口 弘純, 東野 輝夫, 災害時救急救命支援に向けた電子トリアージシステムの設計開発, 情報処理学会論文誌, Vol.51, No.9, pp.1916-1929, 2010年9月.
  4. Hikaru Kobayashi, Hiromitsu Tomozawa, Hiroki Tamura, Hiroshi Shigeno and Ken-ichi Okada, Proposal of Walkable Path Discovery Technique in the Triage Spot, Proceedings of the 13th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS-2010), pp.14-21, September 14-16, 2010. (DOI:10.1109/NBiS.2010.57 )
  5. Hiroki Tamura, Hikaru Kobayashi, Hiroshi Shigeno and Ken-ichi Okada, Examination of Selection for Relay Nodes Adapted to Priority of Transportation in Triage Network, Proceedings of the 5th International Conference on Broadband and Wireless Computing, Communication and Applications (BWCCA2010), pp.142-148, November, 2010. (DOI:10.1109/BWCCA.2010.62 )
  6. Shinichi Minamimoto, Sae Fujii, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, Map Estimation using GPS-equipped Mobile Wireless Nodes, Pervasive and Mobile Computing, Vol.6, No.6, pp.623-641, Elsevier, December 2010. (DOI:10.1016/j.pmcj.2010.06.001 )
  7. 南本 真一, 藤井 彩恵, 山口 弘純, 東野 輝夫, 移動無線端末の位置情報と通信情報を用いた災害現場地図の自動生成, 情報処理学会論文誌, Vol.51, No.12, pp.2169-2183, 2010年12月 (情報処理学会創立50周年記念論文).
  8. Tomoya Takenaka, Zafer Sahinoglu, Ghulam Bhatti, Jinyun Zhang, Hiroshi Mineno and Tadanori Mizuno, Multi-hop Localization Using Mobility (MLM) in Mixed LOS/NLOS Environments, Proceedings of the IEEE Global Telecommunications Conference (GLOBECOM2010), Miami, FL, USA, December 2010.
  9. 木山 昇, 内山 彰, 山口 弘純, 東野 輝夫, ノード群の相対位置関係に基づく位置推定アルゴリズムの評価手法, 情報処理学会論文誌, Vol.52, No.1, 2011年1月 (in press).
  10. 樋口 雄大, 藤井 彩恵, 山口 弘純, 東野 輝夫, 断続的に移動する無線端末群の位置推定, 情報処理学会論文誌, Vol. 52, No. 1, 2011年1月 (in press).
  11. 長橋 健太郎, 小嶋 洋明, 岡田 謙一, 電子トリアージのための医療従事者情報端末の提案, 情報処理学会論文誌, Vol.52, No.1, 2011年1月 (in press).
  12. 小林 ひかる, 田村 寛樹, 友澤 弘充, 重野 寛, 岡田 謙一, パケット重要性に応じたパス多重度可変ルーティング, 情報処理学会論文誌, Vol.52, No.1,2011年1月 (in press).
  13. Sakai T., Iwami T., Kitamura T., Nishiyama C., Kawamura T., Kajino K., Tanaka H., Marukawa S., Tasaki O., Shiozaki T., Ogura H., Kuwagata Y., Shimazu T., Effectiveness of the new Mobile AED Map to find and retrieve an AED: A randomized controlled trial, Resuscitation. Vol. 82, No. 1, pp. 69-73, January 2011 (in press)
  14. Hiroki Tamura, Hikaru Kobayashi, Hiromitsu Tomozawa and Hiroshi Shigeno, Variant Path Multiplicity Routing Algorithm Adapted to Importance of Data, Proceedings of the 25th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2011), March 2011 (in press).
  15. Hiroaki KOJIMA, Kentaro Nagahashi and Ken-ichi Okada, Proposal of the Disaster-Relief Training System Using the Electronic Triage Tag, Proceedings of the 25th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2011), March 2011 (in press).

Book Chapters

  1. 森川 美樹, 田中 裕, 症例検討 「ショック」との遭遇。外傷、出血性ショック:何はともあれ全身状態を安定化させる, LISA, 17巻, pp.1098-1101, 2010.
  2. 井上 貴昭, 外傷初期診療, 救急医学, 34巻, pp875-880, 2010.
  3. 山田 至康, 患者さんのどんなサインも見逃さない!救急外来トリアージ実践マニュアル, EMERGENCE CARE, pp.208-218, 2010.
  4. 山田 至康, 重篤な小児への初期対応―救急のピットフォールに陥らないために。今なぜ重篤な小児への救急医療体制が求められているのか, 小児科診療, 73巻, pp.873-878, 2010.

Invited Talks

  1. 東野 輝夫, 災害時救命救急支援を目指した電子トリアージシステム, 第76回化学センサ研究会, 電気化学会, 招待講演, 三井物産人材開発センター(熱海市泉), 2010年8月26日.
  2. Teruo Higashino, E-triage: Designing Advanced Electronic Triage System for Efficient Rescue Operations, International Conference on Advances and Emerging Trends in Computing Technologies (ICAET’10), Plenary Lecture (招待講演), SRM University, India, June 21-24, 2010.

Conferences and Workshops

  1. 藤井 彩恵, 南本 真一,山口 弘純,東野 輝夫,モバイルノードを用いた建造物の位置および形状推定,情報処理学会研究報告, Vol. 2010-MBL-55, pp. 1-8, 2010年5月
  2. 大出 靖将,李 哲成,竹本 正明,井上 貴昭,松田 繁,岡本 健,山田 至康,田中 裕,多数外傷患者に対する「電子トリアージシステム」の開発,第24回日本外傷学会総会,ホテルニューオータニ幕張, 2010年5月.
  3. 滝沢 聡, 李 哲成, 竹本 正明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 大型遊園施設で発症した緊急搬送症例の検討, 第13回日本臨床救急医学会総会, パネルデイスカッション4 「観光地(海、山、アウトドア、大規模テーマパーク等)の救急医療」, 幕張メッセ, 2010年5月31日.
  4. 井上 貴昭, 李 哲成, 竹本 正明, 大出 靖将, 松田 繁, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 救命センター創設時における救急外来の問題点:既存診療科とのcommunicationと不応需改善のための工夫, 第13回日本臨床救急医学会総会, シンポジウム2「救急外来の運営・・現状と問題点」, 幕張メッセ, 2010年6月1日.
  5. 島尻 史子, 堀内 奈美, 斎藤 伊都子, 竹本 正明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 小児トリアージにおけるガイドラインの重要性の検討, 第13回日本臨床救急医学会総会, 幕張メッセ, 2010年6月1日.
  6. 野上 大樹, 内山 彰, 中田 康城, 東野 輝夫, 電子トリアージ評価のための多人数参加型シミュレータの設計, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集, pp.2051-2060, 下呂温泉水明館, 2010年7月.
  7. 樋口 雄大, 藤井 彩恵, 山口 弘純, 東野 輝夫, 断続的に移動する無線ノード群の位置推定, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集,pp.1210–1220, 下呂温泉水明館, 2010年7月.
  8. 木山 敦之, 山口 弘純, 東野 輝夫, レーザレンジスキャナと無線通信を用いた歩行者の移動軌跡推定手法の検討, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集, pp.1221–1229, 下呂温泉水明館, 2010年7月.
  9. 上野 瑛次郎, 廣森 聡仁, 山口 弘純, 東野 輝夫, 多様なノード移動制約と地理制約を指定できるWaypointモビリティモデルの提案, マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム論文集, pp.1775-1782, 下呂温泉水明館, 2010年7月
  10. Anuj Ratna Bajracharya, Akria Uchiyama, Akihito Hiromori, Hirozumi Yamaguchi and Teruo Higashino, Implementation of a Data Collection Mechanism in Electronic Triage System Using Wireless Sensor Devices, 平成22年度情報処理学会関西支部支部大会, CD-ROM, 大阪大学中之島センター, 2010年9月.
  11. 安倍 史江, 山本 匠, 藤川 真樹, 加藤 康男, 西垣 正勝, 人体通信を利用した電子トリアージタグへの情報入力:評価実験, コンピュータセキュリティシンポジウム2010論文集, 岡山コンベンションセンター, 2010年10月.
  12. 堀内 奈美, 島尻 史子, 斉藤 伊都子, 高林 美和, 井本 成明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 小児救急医療における看護トリアージの現状とCTAS(Canadian Triage Acuity and Scale)導入に向けた取り組み, 第38回日本救急医学会総会, 東京ビッグサイト, 2010年10月.
  13. 島尻 史子, 堀内 奈美, 斉藤 伊都子, 竹本 正明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 救急外来看護師の電話対応業務の実態調査, 第38回日本救急医学会総会, パネルデイスカッション5 「救急電話相談の現状と新たな試み」, 東京ビッグサイト, 2010年10月9日.
  14. 福本 祐一, 岡本 健, 森川 美樹, 李 哲成, 竹本 正明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 山田 至康, 田中 裕, 超高齢化社会が救命センターにもたらす影響について, 第38回日本救急医学会総会, ワークショップ2 「二次救急医療機関と救命救急センターのあるべき姿」, 東京ビッグサイト, 2010年10月9日.
  15. 高林 見和, 山田 至康, 中村 有紀, 井本 成昭, 井上 貴昭, 松田 繁, 岡本 健, 田中 裕, 小松 充孝, 大日方 薫, 救急診療から見た当院こども虐待例の検討, 第38回日本救急医学会総会, 東京ビッグサイト, 2010年10月9日.
  16. 冨嶋 亨, 岡本 健, 李 哲成, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 山田 至康, 田中 裕, 小松 充孝, 松原 知代, 大日方 薫, 救命センターの新型インフルエンザ・パンデミック対応の検証, 第38回日本救急医学会総会, 東京ビッグサイト, 2010年10月9日.
  17. 中村 有紀, 森川 美樹, 李 哲成, 竹本 正明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 主訴から想起が困難であった血液疾患の3例, 第38回日本救急医学会総会, 東京ビッグサイト, 2010年10月10日.
  18. 深野 崇之, 田中 裕, 山田 至康, 岡本 健, 松田 繁, 井上 貴昭, 大出 靖将, 竹本 正明, 李 哲成, 森川 美樹, 福本 祐一, めまいが主訴と報告を受け救急搬送された症例の検討, 第38回日本救急医学会総会, 東京ビッグサイト, 2010年10月10日.
  19. 森川 美樹, 田中 裕, 山田 至康, 岡本 健, 松田 繁, 井上 貴昭, 大出 靖将, 竹本 正明, 李 哲成, 井本 成昭, 福本 祐一, 当院における尿路感染症による敗血症症例の検討, 第38回日本救急医学会総会, 東京ビッグサイト, 2010年10月10日.
  20. 山内 芳也, 李 哲成, 井本 成昭, 福本 祐一, 竹本 正明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 松田 繁, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 内視鏡的止血術後、別部位から再出血した多発Dieulafoy潰瘍の一例, 第38回日本救急医学会総会, 東京ビッグサイト, 2010年10月11日.
  21. 小原 圭一朗, 松田 繁, 井本 成昭, 森川 美樹, 李 哲成, 竹本 正明, 大出 靖将, 井上 貴昭, 岡本 健, 山田 至康, 田中 裕, 洞調律に対してAEDを装着しショックがなされた1症例, 第38回日本救急医学会総会, 東京, 2010年10月11日.
  22. 小倉 裕司, 松本 直也, 松嶋 麻子, 角 由佳, 中森 靖, 藤見 聡, 田中 裕, 杉本 壽, 鍬方 安行, 嶋津 岳士, 侵襲時生体反応に関する統合的病態解析, 第38回日本救急医学会総会, 東京, 2010年10月11日.
  23. 小田 雅洋, 渡邊 幸聖, 山本 匠, 高橋 健太, 尾形 わかは, 菊池 浩明, 西垣正勝, Fuzzy Vault Schemeにおけるチャフ空間拡大に関する検討, 2011年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2011), リーガロイヤルホテル小倉予稿集, 2011年1月 (in press).
  24. Yasuhiro Ishimaru, Weihua Sun, Keiichi Yasumoto and Minoru Ito, DTN-based Delivery of Word-of-Mouth Information with Priority and Deadline, Proceedings of the 5th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU2010), Seattle, WA, USA, April 2010.
  25. Daiki Nogami, Akira Uchiyama, Yasuki Nakata and Teruo Higashino, Proposal of a Multi-player Simulator for Training in Electronic Triage System, Proceedings of the 10th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine (APCDM2010), pp.215, Sapporo, Japan, August 2010.

Awards

  1. 田村 寛樹,小林 ひかる,重野 寛,岡田 謙一,情報処理学会 第54回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会 優秀発表賞,トリアージネットワークにおける搬送優先度に応じた中継ノード選択手法の検討,2010年5月
  2. 藤井 彩恵, 南本 真一, 山口 弘純, 東野 輝夫, 情報処理学会 第54回モバイルコンピューティングとユビキタス通信(MBL)研究会 優秀論文賞, モバイルノードを用いた建造物の位置および形状推定, 2010年5月.
  3. 野上 大樹, 内山 彰, 中田 康城, 東野 輝夫, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム 野口賞, 電子トリアージ評価のための多人数参加型シミュレータの設計, 2010年7月.
  4. 野上 大樹, 内山 彰, 中田 康城, 東野 輝夫, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム 優秀論文賞, 電子トリアージ評価のための多人数参加型シミュレータの設計, 2010年7月.
  5. 樋口 雄大, 藤井 彩恵, 山口 弘純, 東野 輝夫, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム 優秀論文賞, 断続的に移動する無線ノード群の位置推定, 2010年7月.
  6. 小林 ひかる,情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム ヤングリサーチャ賞,パケット重要性を考慮したパス多重度可変ルーティングの提案
  7. 上野 瑛次郎, 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2010)シンポジウム 優秀プレゼンテーション賞, 多様なノード移動制約と地理制約を指定できるWaypointモビリティモデルの提案, 2010年7月.
  8. 南本 真一, 藤井 彩恵, 山口 弘純, 東野 輝夫, 情報処理学会 50周年記念論文賞, 移動無線端末の位置情報と通信情報を用いた災害現場地図の自動生成, 2010年11月.